« Molden再び | トップページ | WinGAMESSのインストール (6) »

2013年4月 3日 (水)

WinGAMESSのインストール (5)

Facioで使用する場合です。

[Preferences]の[External Programs]でWinGAMESSのパスを指定します。ダイアログ下部の[Apply and Save to Facio.ini]をクリックするのを忘れないでください。

.inpファイルは、[File]の[Load New GAMESS]の[Input for Cartesian Cordinates]で読み込みます。たとえば次のようなファイルを作成して、読み込みます。

!*** methane ***
$CONTRL ICHARG=0 MULT=1 SCFTYP=RHF RUNTYP=OPTIMIZE LOCAL=NONE
         COORD=UNIQUE NZVAR=0 MAXIT=100 NPRINT=7 NOSYM=0
         PLTORB=.TRUE. EXETYP=RUN IREST=0
$END
$SYSTEM TIMLIM=600 MEMORY=10000000 $END
$STATPT OPTTOL=1.0E-4 NSTEP=100 METHOD=QA HESS=GUESS $END
$SCF SHIFT=.FALSE. DAMP=.TRUE. RSTRCT=.FALSE. CONV=1.0E-5 DIRSCF=.TRUE. $END
$BASIS GBASIS=STO NGAUSS=3
        NDFUNC=0 NFFUNC=0 NPFUNC=0 DIFFSP=.FALSE. DIFFS=.FALSE.
$END
$GUESS GUESS=HUCKEL $END
$DATA
***  ***
TD  0
 
  C   6.0   0.0000000000   0.0000000000   0.0000000000
  H   1.0   0.6252622784   0.6252622784   0.6252622784
$END

この場合、水素原子は1つしか表示されませんが、対称性を利用して実行する場合にはこれで問題ありません。
 
[Calculation]の[WinGamess]を選択し、パラメータを確認して (たまに$DATAのGROUPがC1に戻っていたりします)、[Execute Calculation]をクリックします。

無事終わったようなら、また[File]の[Load New GAMESS]の、今度は[Punch for $VEC/Molecular Orbitals]で.datファイルを読み込みます。通常、gamess.64フォルダ内のFacioフォルダにできているはずです。

問題がなければ、[Tools] > [Viewers]の[$VEC/Molecular Orbitals Viewer]がアクティブになっているはずなので、分子軌道を眺めてみてください。

|

« Molden再び | トップページ | WinGAMESSのインストール (6) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WinGAMESSのインストール (5):

« Molden再び | トップページ | WinGAMESSのインストール (6) »