« WinGAMESSのインストール (3a) | トップページ | VMware上のXPを最小の手間で最新状態にする方法 »

2013年4月 1日 (月)

WinGAMESSのインストール (4)

Winmostarでの使用方法です。

まず、WinGAMESSのパスを設定します。[その他]>[パスの設定]>[(1) GAMESS]を選択し、パスを指定します。

これで[計算]メニューの[(1) GAMESS.12-64.start.]が有効になりますが、これを選択する前に[GAMESSキーワード]>[Setup]で必要なパラメーターを設定して、[Set]をクリックします。

それから[(1) GAMESS.12-64.start.]を選択します。これで計算ができるはずです。

ただ、このままだと複数CPUでの計算ができないので、CPU数を変えたい場合には、1回実行してから元の.datファイルと同じディレクトリ内にWinmostarが作成した*.inp.batファイルを開き、

call rungms [分子名].inp 12-64 1 |....

の"12-64 1"の部分を"12-64 2"とかに変えてから、このバッチファイルを実行するとよいでしょう。

また、対称性を利用して計算する場合には、同様にして、*.inpファイルを変更してから、同じバッチファイルを実行するといいはずです。

|

« WinGAMESSのインストール (3a) | トップページ | VMware上のXPを最小の手間で最新状態にする方法 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WinGAMESSのインストール (4):

« WinGAMESSのインストール (3a) | トップページ | VMware上のXPを最小の手間で最新状態にする方法 »