« WinGAMESSのインストール (4) | トップページ | Molden再び »

2013年4月 1日 (月)

VMware上のXPを最小の手間で最新状態にする方法

今日は今までとは全然関係のない話です。

Windows 8にアップグレードしたら、Windows 7のXPモードを使えなくなってしまいました(これはそういうものらしいです)。

XPが使えないと困る状況になる可能性があるので、とりあえず、VMware Player上で仮想マシンとしてインストールすることにしました。

インストール後に最新の状態にするのは、ちょっと面倒です。まず、まっさらな状態ではWindows Updateが動作しません。サイト側の仕様がXPが出たころとは変わってしまったということのようです。

それで、こういう手順になります。

  • XPのSP2をMicorsoftのサイト検索してダウンロード、インストールする(SP3はSP2が当たっていないと適用できません)。
  • SP3を検索してダウンロード、インストール
  • これでWindows Updateが使えるようになるので、更新する(120個以上あります。しかも1回ではすみません)

まあこれで、とりあえずは一安心です。実際に仕事で使う場合には、VMware Workstationにアップグレードしてからでないといけないらしいのですが、仮想マシンはそのまま使えると思うので。

|

« WinGAMESSのインストール (4) | トップページ | Molden再び »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VMware上のXPを最小の手間で最新状態にする方法:

« WinGAMESSのインストール (4) | トップページ | Molden再び »