« VMware上のXPを最小の手間で最新状態にする方法 | トップページ | WinGAMESSのインストール (5) »

2013年4月 2日 (火)

Molden再び

しばらくご無沙汰だったアプリケーションをまたいじってみています。

今回はMolden。バージョンが5.0に上がっていました。

これはソースからコンパイルしなければならないもの(以前もそうだったか)なので、とりあえずDebian Wheezy上で行うことにしました。./configureとかは特に必要なく、いきなりmakeでいいようです。もちろん、いろいろとライブラリ関係が足らないというエラーが出てくるので、いくつか(4つくらい?)aptitudeでインストールして、コンパイルを通しました。

速い。

軌道の3D表示などは、以前はがんばって一つ一つ書いているのが見えるようだったのですが、今では本当にさっと表示されます。

タイムスタンプを見ると、「以前」というのは2003年(10年前か)で、その頃は確かPentium 4 3.0Eを使っていました。今のマシンはCore i7 2700Kなので、ここの情報によると、スコアが20倍くらい違うようです。

こんなに違うなんて思ってもみませんでした。感慨深いですね。

Moldenですが、これにはVRLMを生成する機能があります。それをさらにいじってPov-rayのソースにして、量子化学のおもちゃ箱のコンテンツを作っていたのでした。

|

« VMware上のXPを最小の手間で最新状態にする方法 | トップページ | WinGAMESSのインストール (5) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Molden再び:

« VMware上のXPを最小の手間で最新状態にする方法 | トップページ | WinGAMESSのインストール (5) »