« 正八胞体群について (3) | トップページ | 正八胞体群について (5) »

2013年4月11日 (木)

正八胞体群について (4)

さて、正八胞体群の位数8の元についてもう少し調べてみるために、置換群ではなく、行列群として表現することを考えてみます。このようにできるでしょう。

a:=[[0,1,0,0],[-1,0,0,0],[0,0,1,0],[0,0,0,1]];

b:=[[0,0,1,0],[0,1,0,0],[-1,0,0,0],[0,0,0,1]];

c:=[[0,0,0,1],[0,1,0,0],[0,0,1,0],[-1,0,0,0]];

g:=Group(a,b,c);

ConjugacyClasses(g);

これで出てきた共役類の代表元をチェックしてみると、

  [ [ 0, -1, 0, 0 ], [ 0, 0, -1, 0 ], [ 0, 0, 0, -1 ], [ 1, 0, 0, 0 ] ]

が位数8のようです。見やすくすると、こうなります。

1
これがどんな回転かを調べるには、maximaの方がやりやすいでしょう。


|

« 正八胞体群について (3) | トップページ | 正八胞体群について (5) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正八胞体群について (4):

« 正八胞体群について (3) | トップページ | 正八胞体群について (5) »