« 現在使用しているディストリビューション | トップページ | 今日はWiMAXが速かった »

2013年3月17日 (日)

VMware PlayerにDebian Squeezeをインストール

インストールメモです。

・VM Playerは推奨メモリとして512MBを提示するのですが、確かこれではグラフィカルインストールができなかったように記憶しています。
・デスクトップの標準はGnomeですが、KDEで使用するなら(Gnomeを今後使うつもりがなければ)、インストール画面で基本システムだけインストールして、起動後にKDEをインストールした方が、ディスク容量が少なくてすむでしょう。

この場合、最初はXが入らないので、テキストコンソールから、

# LANG=C aptitude install kde-plasma-desktop
# LANG=C aptitude install kde-l10n-ja

でインストールして、再起動します。LANG=Cを付けておくのは、テキストコンソールでは日本語が表示できなくて、文字化けするからです。
あとこのままだと、KDEのモノスペースフォントの表示が変なまま(たぶんどれかの明朝系フォントに割り当てられている)ので、KDE開始後に

# aptitude install ttf-vlgothic
でVLゴシックなどをインストールするのがよいでしょう。

あと、これと関連して気づいたのですが、Kubuntuではモノスペースの表示がフォントサイズによってはあまりきれいではありません。試みに、Takaoゴシックを削除してみたところ、Squeezeと同じになりました。理由はよくわからないのですが、特定の小さなフォントサイズに対応するビットマップが存在しないのかもしれません。


|

« 現在使用しているディストリビューション | トップページ | 今日はWiMAXが速かった »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VMware PlayerにDebian Squeezeをインストール:

« 現在使用しているディストリビューション | トップページ | 今日はWiMAXが速かった »