« LED電球のスペクトル | トップページ | UbuntuやDebianのTeXworksを使いやすくする(3) »

2013年3月19日 (火)

UbuntuやDebianのTeXworksを使いやすくする(2)

前の記事で説明した方法でpdfpLaTeXタイプセットを作成すれば、Wheezyでも、Vineの場合とほぼ同様のことができます。

ただ、このままだと作成されたPDFの明朝のはずのフォントもゴシックで表示されてしまいます。対策は、次のような内容の、/etc/fonts/local.confファイルを作成することです(ここ を参考にさせてもらいました)。

<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
<match target="pattern" name="assign">
 <test qual="any" name="family">
 <string>Ryumin</string>
 </test>
 <edit name="family" mode="assign">
 <string>IPAMincho</string>
 </edit>
</match>
<match target="pattern" name="family">
 <test qual="any" name="family">
 <string>GothicBBB Medium Identity H</string>
 </test>
 <edit name="family" mode="assign">
 <string>IPAGothic</string>
 </edit>
</match>
</fontconfig> あと、タイプセット時に警告が出るのですが、これはEnterでそのまま進めます。

|

« LED電球のスペクトル | トップページ | UbuntuやDebianのTeXworksを使いやすくする(3) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UbuntuやDebianのTeXworksを使いやすくする(2):

« LED電球のスペクトル | トップページ | UbuntuやDebianのTeXworksを使いやすくする(3) »