« Squeezeインストールの続き | トップページ | Kubuntuのインストールメモ »

2013年3月18日 (月)

Kubuntuのモノスペースフォントとか

Kubuntuのモノスペースがフォントサイズによっては美しくないという問題ですが、ここ の情報を参考に、VLゴシックの割り当てを一番上にしてみたところ、期待通り解消されました。

それから、Debian SqueezeとWheezyで、ホストとゲスト間のマウスカーソルの移動がシームレスに行かないという問題ですが、ロジクールのマウスを使用していたので、SetPointユーティリティで中ボタン(ホイール)にAlt+Ctrlを割り当てて、VMwareゲストからマウス入力が解放されるようにして、当面しのぐことにしました。当然、ゲスト上では中ボタンが使用できませんが、元々全然使用していなかったので、特に気にはなりません。

ついでに、Debian系ではvisudoを実行すると、viではなくnanoが起動します。Fedoraでは本当にviでした。前に書いたかな?

|

« Squeezeインストールの続き | トップページ | Kubuntuのインストールメモ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kubuntuのモノスペースフォントとか:

« Squeezeインストールの続き | トップページ | Kubuntuのインストールメモ »