« 複素関数について | トップページ | 複素関数について(3) »

2009年8月 8日 (土)

複素関数について(2)

1/z、1/z2はz=0に極があり、白い色になっています。偏角はzなどの場合と逆向きに回転します。

やはり1/z2は偏角の回転量が2倍で、コントラストも大きくなっています。

z2-1などは、|z|=1の円の上に零点があります。

z3-zの場合、実軸上のz=-1、z=0、z=1に零点があります。

|

« 複素関数について | トップページ | 複素関数について(3) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 複素関数について(2):

« 複素関数について | トップページ | 複素関数について(3) »