« 指標表から有限群を構成してみる(2) | トップページ | 位数36 »

2009年7月27日 (月)

指標表から有限群を構成してみる(3)

行列表現から対応する置換表現を求めたいわけですが、そのためには、(C4 x C2) : C2 を両方で生成して共役類と指標表を求め、対応する共役類の代表元同士を関連付けて、置き換えるといいようです。

これで無事、(C2 x C2).(C2 x C2 x C2)が求まり、位数32が完成しましたので、更新しておきました。

次は位数36に進みます。

ところで、現在先の方では位数48を計算していて、C2.S4を同じ方法で求めてみようと思ったのですが、まだうまくいきません。何かほかにまだカギとなる点があるのかもしれません。

それからUbuntuでのmaximaとgeomviewですが、maximaからのgeomviewの呼び出しがうまくいかないようです。おそらく、該当部分のmaximaのソース(Lisipで記述されたコード)を書きかえられればなんとかなるのではないかと思うのですが、ちょっと今のところ手を出す余裕がありません。

|

« 指標表から有限群を構成してみる(2) | トップページ | 位数36 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指標表から有限群を構成してみる(3):

« 指標表から有限群を構成してみる(2) | トップページ | 位数36 »