« QD32を追加 | トップページ | O2を追加 »

2009年6月12日 (金)

番号付けの見直し

ちょっと番号付けを見直してみました。

たとえば、QD32では、最初の生成元の最初の置換を、

(7,14,5,12,3,10,1,8,15,6,13,4,11,4,9,16)

のようにしました。これはつまり、

(((1*7) mod 16), ((2*7) mod 16), ((3*7) mod 16),...,16)

のようになっているわけです。

この方が、a -> a^7 の自己同型群であることがわかりやすいと思うのですが、どうでしょうね。

|

« QD32を追加 | トップページ | O2を追加 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番号付けの見直し:

« QD32を追加 | トップページ | O2を追加 »