« なぜCnやDnの記述はないのか | トップページ | 位数16は完成 »

2009年5月 6日 (水)

どうやって作っているのか

位数16に1つ追加しました。

さて、各位数の群のリストの求め方ですが、GAP(数学用ソフトウェア)にかなり依存しています。ちなみに、私が使用しているのは、Windows Vista上のVMWare上のDebian Lenny上のGAPです(ややこしい)。

具体的には、こんなことをしています。

gap> ll:=AllSmallGroups(16);(位数16のすべての群のリストを求める)。

gap> List(ll,StructureDescription);(リストの群の表示名を求める)。

そして、Cn、Dn、小さな群の直積はパスして、半直積の群を構成してみる。これは手作業。

関係式を求めるのも手作業。

gap> StructureDescription(g);とかで、希望した群になっているか確認する。

gap> ct:=CharacterTable(g);
gap> Display(ct);

で、指標表を求める。などしています。

ところで、半直積というのは、わかる人はわかるでしょうが、一応説明しておかなければならないでしょう。それはまた後日ということで。

|

« なぜCnやDnの記述はないのか | トップページ | 位数16は完成 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうやって作っているのか:

« なぜCnやDnの記述はないのか | トップページ | 位数16は完成 »