« 指標表の話(8) | トップページ | こういうことをしていて、なんの役に立つのか »

2009年5月19日 (火)

指標表の話(9)

ついに位数32に入ってしまいました。しばらくかかりますね。

指標表にはもう一つの直交関係があります。ただ、これは各共役類の元の数がわからないと示せません。

例によってS3だと、共役類の元の数は1a、2a、3aがそれぞれ1,3,2になっています。

そして、指標の各行X1、X2、X3はそれぞれ(1,-1,2)、(2,0,-1)、(1,1,1)ですが、各セルの値の積と、さらにに共役類の元の数の積を取って合計すると、やはりどれも0になります。

たとえば、X1とX2だと、1*2*1+(-1)*0*3+1*(-1)*2=2+0-2=0になります。

説明がうまくなくて、わかりにくいかなぁ。

|

« 指標表の話(8) | トップページ | こういうことをしていて、なんの役に立つのか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指標表の話(9):

« 指標表の話(8) | トップページ | こういうことをしていて、なんの役に立つのか »